ダイアモンドダイアリーを始めた

キャンディークラッシュで有名なKingから新しいパズルゲームが出たので始めてみた。

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC/id1313343774?mt=8

なぞって消すタイプの見た目的にはツムツム系(やったことないけど)。長くなぞれたときの爽快感がそれなりにあるので面白い。パーツの動きが物理演算っぽいので、しばらくプレイしているとiPhoneが結構熱くなってくる。3日ほどやって、レベルは170くらいになった。

ちなみにKingのゲームは結構やってきていて、タイトルと現時点のレベルはこんな感じ。

  • キャンディークラッシュ 約300
  • キャンディークラッシュソーダ 約1300
  • キャンディークラッシュゼリー 約200
  • バブルウイッチ2 約900
  • バブルウイッチ3 約200
  • ブロッサム・ブラスト 約150
  • ファームヒーロー・スーパー 約400

一応、全部進行中で、ある一定期間、ひとつのタイトルを集中的にやって、詰まると別のタイトルに移る、という感じでやっている。まあ完全に時間の無駄なので、あまりのめり込まないようにはしているつもり。

生駒里奈の「推しどこ?」

7本目は生駒。初期の回が中心なので若さが目立つ感じ。この巻はとにかく生駒、桜井のコメンタリーが本編と関係ない話で脱線しすぎ。本編に沿っていたのは最後の総選挙回くらい。もう少し本編のエピソードをなぞってもらったほうがよかったかなあ。

#11 初めてのリアクションチェック!!

これはYouTubeでも未見だった。このころはほとんど小学生だな。ダチョウ倶楽部のリアクションはさすが。

#38 生駒に服を買ってあげよう!日村&生駒のショッピング

橋本のくだりはさすがに仕込みだよなあ。まいやんがじゃんけんで瞬殺されたときの「大人気ないよ〜」が好き。

#43 結束力を高めよう!乃木坂46キャンプ合宿 第二章!

松村は料理回だとふざけちゃうのがなあ。わざとらしすぎてあまり面白くない。桜井の「ホップ、ステップからのホイップ」はここからなのかあ。

#86 お互いを知って仲良くなろう!2期生意識調査

2期生も若い!親切心を下心として疑うパターンは何度見ても面白い。

#136 生駒里奈 選抜総選挙への道

面白いというよりは、生駒大変だったよなあ、といたわる回。

Number 930 清原和博「告白」

特集は清原和博。

保釈から約1年。次号から清原の半生を振り返る連載企画がスタートするにあたっての特集号。インタビューを読む限りではかなり反省している様子。また野球界で活躍するときが来るんだろうか。

乃木坂46 18thシングル「逃げ水」購入

いつか感想を書こうと思っていたけど、結局書かずに1年たってしまった。乃木坂46の18thシングル「逃げ水」も全種類買ったのでそのメモ。

今回の購入パターンは、ついに面倒臭くなって全種類セブンネットでの購入。もういちいち特典が被らないように店舗をまわるのは疲れた。

生写真のセットは

  • Type A ヨリ ちはる
  • Type B ヨリ 与田っちょ
  • Type C チュウ 衛藤
  • Type D ヒキ れなち

だった。どっちかというとやや外れ?かな。

曲の感想はというと、まあ普通。悪くはないけどそこまで聴き込む感じではなかった。やっぱりサビ直前のピアノがね、ちょっと余計に感じてしまう。個人的な再生回数だけでいけばカップリングの「ひと夏の長さより…」のほうが断然多かったと思う。MVは論外。ナンセンスドラマ系は繰り返し見る気がまったくしない。

そのほかカップリングは以下の通り。

  • 「女は一人じゃ眠れない」まったく印象に残らない曲。
  • 「泣いたっていいじゃないか?」好きな系統の曲だけど、もう少しメロディにインパクトがあるとよかった。さらっと流れすぎる。
  • 「ひと夏の長さより…」メロディが綺麗でさわやか。18thの中では一番好きな曲。
  • 「アンダー」テーマが暗すぎる。聴く気がしない。
  • 「ライブ神」ネタ曲。1回聞いて終了。
  • 「未来の答え」3期生曲。普通。

やっぱりこのころから楽曲の質が落ちている感じ。いい曲が欅坂のほうに流れている気がする。グループ数はどんどん増えるけど、楽曲作成チームはそれほど大きくならないだろうから、どうしてもグループあたりの質は落ちるよなあ。残念だ。

特典映像DVDは乃木恋リアル2016と2017神宮ライブメイキング。一応見たけどこれといって特に感想なし。