ダークソウル2 プレイ日記(33) DLC2 黒霧の塔前編

ようやく本編が終わったので、DLCを進めることに。

DLCへは、熔鉄城、冬の祠、黒渓谷からそれぞれ行くことができるけど、なんとなく一番最初にクリアした熔鉄城ルートから進めることにした。ということで、今回はDLC2 黒霧の塔です。

ワープして昇降機で上がって階段をのぼる。鎖の橋を渡って黒霧の塔に入る。さっそく篝火があるので灯す。先に進むと、地面から赤く光る像が出現。火柱がガンガンあがっているので弱くなるタイミングを見計って近くと、熔鉄の楔を使うか?と聞いてくる。試しに使ってみると像が破壊されて火柱も止んだ。なるほど、こういうギミックなのね。楔を使って像を破壊すればいいのか。

建物内を飛び降りながら進むと少し狭い灰の広場に出る。坂を降っていくと灰の戦士が3体同時に出現してあえなく死亡。全然怯まないし、攻撃力も高いので複数相手はかなり厳しい。ここで何回か死んだので方針変更して序盤から敵を全滅させていくことにした。ここを抜けても安全に先に進める気がせず、ソウルをロストする可能性が非常に高いので。

3体同時出現といっても、正確に同時ではなくて時間差はあるので、最初に出現したやつを急いで倒して、なるべく3体を一緒に相手にしないようにする。2体ならまあなんとか死ぬ可能性は低い。

こんな感じで最初の敵を全滅させるまでループする。再び建物内に入って梯子を降りて進む。2体目の煤の像を処理する。ここもできるだけ各個撃破を心がけるが、何せ部屋が狭いので何度か死ぬ。

それでもリポップしなくなるまで頑張ってさらに先へ。火薬樽のある部屋はなんか勝手に自爆してくれてスムーズに進む。

次は下り梯子が続く踊り場みたいなところ。梯子を途中まで降りて敵の数を確認しながら慎重に進む。こうしてなんとか次の篝火「上層」にたどり着いた。

本編より急に難易度上がった感あるけど、これはこれで楽しい。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN – PS4

ダークソウル2 プレイ日記(32) 渇望の玉座編

いよいよラスト、渇望の玉座です。

その前にファロスの扉道のネズミの王の試練を倒してなかったことを思い出し、先に片付けることに。

以前戦った時からレベルも十分上がっているので楽勝。お腹の下に潜ってブンブン振り回しているだけで勝てた。レベルは191。武器は炎のロングソード。

で、改めてドラングレイグに移動して王の指輪で扉を開けて渇望の玉座に入る。入り口でまた緑のお姉さんがお出迎え。一本道のスロープをずっと降っていく。このエリアは雑魚はいないのかな。

降りきったところで白い霧があるので入る。ラスボスか、と思いきやどうもそうではなくまずは護衛と対戦らしい。玉座の監視者と玉座の守護者。白いのが監視者で黒いのが守護者。また複数戦かと思いながら応戦。基本は盾受けしながら、隙をみてチクチク攻撃を入れていく感じ。しばらくして、なんとか白い方を倒す。しかし、姿は消えずにしゃがんだ格好のままだ。なんかおかしいなと思ったら、もう片方の黒い方がスペルを唱え出して白い方を復活させてしまった。しかもHP全回復。

これはきつい。それでもプレイ続行で黒い方も倒したのだけど、予想通り今度は白い方が復活させてしまう。ここで気持ちが折れて死亡。うーん、2体ほぼ同時に倒さないといけないということか。面倒だ。2戦目以降は2体のHPを同じくらいずつ削っていく作戦に切り替えたけど、これがなかなかうまくいかない。攻撃チャンスでも、今ここでこいつを削りすぎると片方とバランス悪くなるからやめとこ、と思ってしまってなんだかリズムが狂うんだよな。5回くらい死亡してなんとか倒した。レベルと武器は先ほどから同じ、191と炎のロングソード。

終わったと思ったら、今度こそラスボス登場。デュナシャンドラ、というとドラングレイグにいた王妃だと思うけどずいぶん姿違うな。初戦はレーザービームくらって速攻で死亡。まあ連戦でエスト瓶も枯渇していたし、しょうがない。これでさっきの2体からやり直しだったら投げ出していたけど、さすがに2体は倒した状態から始まるのでいくら負けても安心だ。

何度か戦っているうちに周りに配置されるオブジェに近くとHPが減ることにようやく気づく。こいつを優先的に壊しながら立ち回ることで無事勝利。レベルは193。武器は炎のロングソード。ヴァンクラッドはまだ倒していないので、篝火の探究者とは戦っていない。これは2周目送りだな。

ようやくこれで本編終了だ。次はDLCをやることにする。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN – PS4

星野みなみの「推しどこ?」感想

11本目は星野みなみ編。見てみてあらためて思うけど、やっぱりポテンシャル高いし天才肌タイプだ。そんなに努力しているようには見えないけど(失礼)、ダンスもそつなくこなすし、体力系のヒット祈願ロケにはほぼ必ず呼ばれて結果を出す。製作陣に信頼されているのがよくわかる。コメンタリーは堀。

#71 誕生日メンバーをお祝いしよう 乃木坂46生誕祭

  • 星野。これを見ると子供のころから割となんでもできていたんだなとわかる(ただし勉強は除く)。
  • 伊藤万理華。顔が丸いのは両親ともなのでしょうがない。
  • 斎藤ちはる。創作の書は確かにうまい。斎藤家の歌はここが初出なのかな。
  • 橋本。学生のころも十分美形だけど、今はさらに洗練された感がある。芸能人っぽくなった。
  • 高山。成長するにつれ随分綺麗になった。

#85 乃木坂46 ブログ抜き打ち徹底解剖

  •  星野、安定の更新回数最下位。まあこれは向き不向きがあるからしょうがない。乃木坂46Mailとかの文章短いやつならハードル低いと思うのでそっちで頑張ればいい。
  • 生田のおにぎり作り。前振りから結果までさすがの出来栄え。
  • 永島聖羅生誕祭も。子供のころから元気いっぱいな感じ。

#129 乃木坂46 エイプリルフール選手権

  • うそがつけないパターンで星野登場。他はわりと嘘つくのが上手なタイプが多かったので、もう一人くらいはこのタイプがあってもよかったかもしれない。
  • 深川はさすがの聖母っぷりを発揮。
  • 西野の逆ドッキリは整形というテーマもはまってばっちりだった。コメンタリーでは、メンバー全員だまされてスタジオの空気も微妙になっていたとのエピソードも。高山以外だと生駒、能條あたりでも面白くなりそう。

#139 私って「〇〇アイドル」コレなら語れるグランプリ

  • 星野は「パン」。ふんわりした性格がよくわかるプレゼンだった。
  • 秋元とバナナマンとのやりとりが最高に面白い。ハンバーグと秩父のくだり。

#153 乃木坂46 10thシングルヒット祈願キャンペーン

  • 今回のヒット祈願は富士登山。
  • ひな壇でのリアクションが弱い星野と堀をやんわりと注意する設楽。なんかいい。
  • 生田は急遽参戦。こういうところはさすがだと思う。
  • メンバー選考はくじ引きだったけど、結果的に割と体力の高いメンバーが揃ったのもよかった。

星野みなみの『推しどこ?』 [DVD]